経過を待ってね

経過を待つ。自分の状態を理解する。

なにかの治療にしても、トリートメントを受けるにしても。
「経過を待つ」「自分の状態を理解する」
は大切。

例えば手術もしたら終わりではなくて
傷口が無事にふさがって、感染症などが起きず、体力が回復したのを待って「治った」「日常生活に戻った」となる。

薬をのんだとしても、効くまで時間がかかって、症状が落ち着くまで日にちもかかるし、そこから体が戻るのに時間がいる。

自分の持つ自然治癒力で体が元に戻るのを待つでしょ。
それをサポートするのに負担をかけないようにしたり、栄養の採れる食事をするし
体の負担のないような動作をしたり、運動やリハビリで体力を戻していきますよね。
どこまで動くかな?何が食べれるかな?これ食べたらしんどいなとか考えるし、早く寝ようとか、お風呂はやめとこう、とか。

トリートメントを受けた時も、同じように自分の体の様子を見る見ながら(感じながら)
経過を待つこと。

その場でよりも、マッサージのあと立ち上がって、かかとをうって骨に響かせながら歩いて、筋肉もうごくし体の中も動き出して行くので、あとの方が楽になります。(体の仕組み、働きに沿ったトリートメントをしているからです)

最後の仕上げは自然治癒力なので、自分で戻ると長持ちするし、自分で戻ろうとする体になっていきます。
食事や運動もそれに合わせてちょっとだけ気をつけてみると
かわったなー!がよくわかる。
病後や手術後までとは言わないけど
その日の夜、その次の日の朝、夕方、夜、またその次の日と
変化していきますから〜!

私なんて、マッサージを自分でしてもその直後よりも
当日や翌日よりも、翌々日に体がよりスッキリすることだってあるし、そのほうが長持ち。筋肉痛もおなじく、2日後とかに来るでしょ(笑)

体が良い条件に戻る助けもしてあげるとなおよし。

フェイシャルもボディも同じく。

ホームケアってトリートメント受けた日からさらに効果出やすい。

常日頃、自分の体や肌をしっかり知っておくとなおよし。

Se:ange センジュ

About Se:ange センジュ

顔に触れて顔から全身ととのえます。ホルモンバランスやストレスケアも顔から。

関連記事

【ご予約】 ◎《緑》 △残わずか《橙》 ×《赤》

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31  
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。